様々なメニュー

メンズエステで提供されているものは、女性用のエステで提供されているメニューも取り入れられています。その反面、男性用、または女性用のエステのみで取り入れられているメニューもあります。ある方は、そのように自分の美しさを追求する機会を得る点において、恥ずかしいとか、誰かにそれを利用していることがばれたら嫌、と考えるかもしれません。世間的にはまだ、メンズエステというものはそこまで浸透していません。しかしだからと言って、それは私達がそれを利用することをためらう理由にはなりません。私達は個人的に、完全にそれを自分で決めて利用することができるからです。また、多くのエステなどの店舗は、個人のプライバシーに、細心の注意を払っています。会員制や完全個室のメンズエステも少なくありません。ですから、その点において私達が心配することは何もないのです。誰もが気兼ねなく、自分におけるもっと高められる場所、高めたい部分を高めることができるからです。

時代は変わっています。昔考えられていた考え方とは大きく異なっています。私達誰もが、いわゆる「特別」にはならなくても、個人そのものがいつも特別でいられることは、誰もがエステを利用できる社会においては、可能な事なのです。

自分らしい美しさを

一般的に、『美しさ』というものがどのような定規で測られるかという点も問題ですが、それを図っている人が誰か、という問題点もあります。私達が誰しも一つは持っている、自分らしいという美しさは、誰の定規によっても図られるものでは、本来ありません。しかし、世間はそうではありません。どうにかして誰かの美しさを、自分が持っている物差しで測ろうとするのです。これは仕方がないことかもしれません。しかし私達はそういった物差しを気にすることなく、本来自分が持っている自分らしさ、それを高めていくことによって、誰の物差しで測られることのない、そして誰もが認める自分らしい美しさというものを追求していくことができます。それには、たとえばメンズエステなどで提供される「脱毛」などのメニューがあります。

脱毛という言葉は、どちらかというと女性が反応する言葉です。しかし、近年では清潔面での向上を目指して、男性でも用いることが多くなってきました。男性でも脱毛を行うことには、確かなメリットがあります。例えば、ひげの脱毛を行うなら、青髭がのこったり剃り残しがあるといったような、男性特有の、ひげなどの悩みから解放されることになります。

世間のイメージ

誰もが自分に関して特別さというものを求めるわけではありませんが、最低限このくらいの特別さは欲しいということがあるかもしれません。いわば、自分が誇れるところ、最低限はこのくらいの基準を満たしているのだぞ、という点です。その点に置いて、自分の外見をより向上させるということは、とても重要なこと、と言えます。例えば、ある人は自分自身の清潔感を向上させることによって、より外見面での印象が良くなった方もおられます。清潔感というのは様々な方法によって向上させることができますが、私達はエステなどのサービスを利用することによっても、向上できます。皆さんはエステなどを利用されたことはあるでしょうか。私達は自分たちの意志でエステを利用できますが、進んで利用したことがある、という方はまだまだ少ないかもしれません。

なぜなら、世間では、エステというのはなんとなく高級向けのもの、セレブが利用するもの、というイメージが未だにあるからです。しかし、そのイメージは正しくありません。私達は誰もが「身だしなみ」を整える、という名目のうえ、エステなどのサービスを利用することは、何もおかしくない事なのです。それは、女性であっても男性であっても同じことです。

メンズエステで特別に

特別…この言葉を使うことは、ある人々にとっては、嫌がるものとなります。自分が特別と扱われることに関して、嫌悪感を抱くのです。しかし真逆の人もいます。自分が特別と扱われることに関して、とても優越感を抱きます。自分が特別であることを、それが客観的なもので証明されればされるほど、自分に対してたいそうな自信を抱くようになります。この二つ、どちらかは間違っているでしょうか。いえ、間違っていません。私達は誰もが、「自分らしい」「自分らしさ」を持っており、それは個人の性格の問題なので、何にも阻まれることはありません。そして個人の資質は、それを証明する客観的な視点が集まれば集まるほど、強力なものとなり、それが自信にもつながります。しかし人によっては、それが大きなプレッシャーとなることがあります。あなたは、自分自身に対して、どちらであると思っているでしょうか。

私達が自分という存在を確立するのに必要な点として、『自分自身を美しく装う』ことが関係しています。それによって、いわゆる自信を得ます。自分自身が良く見られているということは、自分という存在を必ずしも目立たせるものでもなく、自分自身の価値を高めるものでもあり、それは同時に偏在できます。個人の「自分らしさ」を磨くことによって、人は最初に挙げたどちらの特性を持っていても、本来の意味での、仮の姿ではない『自信』を身に付けることができます。そのために、女性用のエステやメンズエステを利用します。